ワイルドでピュアな毎日を
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月09日 (日) | 編集 |
東京でも大雪に見舞われた週末

雪まつりや日ハムの沖縄キャンプ、もしかするとソチオリンピックなどへの旅路に、影響があった方も多かったのでは?

ダンナから「札幌にワープしたかと思った」って送られてきた赤羽駅の写真…


確かに!!

もちろん電車も止まり、人も車も半分以下な静かな雰囲気だけど、当人は「なぜ平日じゃなかったのかなぁ…」と、残念がってましたよ

前日の人間ドックで、身長が縮んで体重が増えた旦那は、赤羽の神社へお参りに行ってきたそうです

今度行ってみよ~っと


札幌もかなり寒かったよね

昨日とは打って変わって、朝から家事してネコ達の爪切ったり、ゆったり過ごしました

午後からは天使と勉強会
もうそろそろ、教えてあげるレベルを超えそうだなぁ

スッカリ忘れてしまってるからね…

勉強を続けていたら、公式や定義を忘れてないのかな?
だったら、もったいないことをしましたよね…

覚えておけるような生活をしておけば良かったなぁ

あんなに大好きだったのに、忘れてしまうもんなんだなぁ…

色々な場面で、最近そう感じますね

忘れないための継続事項として、HPのお知らせを更新しました

休業させていただきながら、こうしてゆっくりしたペースでお仕事させていただける事を、心から感謝しています

みなさま、ありがとうございます

先月から妙子さんが友情フォローで入ってくれているので、塗り絵型セラピーではなく、紙を使ってのカラーセラピーです

今回の作品例…


こんなステキなのは無理でしょうが、自分らしさ溢れるお雛様を作りながら発散しませんか?


一人一人が、輝きながら生きる資格を平等に持ち、命は自分で消すことは許されないですよね

父がソファで眠り動かないし、文句ばっかりになったから、手をつなぎながら「お布団で寝よう」って話をしていた…

すると…
「もうめんどくさいからいんだ。このまま死ぬから」と、また始まった

「そこにいたら腰痛いし、とりあえず布団で寝たら?」

「布団で死ねってことか!?」

「誰も死ねとは思ってないけど、そんなに死にたいんだったら、布団に移動してから死んで!」と、言ってみた

母が慌てて「死んで欲しいなんて誰も思ってないでしょ!」って、後ろでフォローしてるのに(笑)

そしたら、握ってた手を払って苛立つ顔をしながらも…また眠った

ホント面白い

一度寝て…次に起きたら忘れてるから問題ないさ

このままじゃ寝たふりがおさまらないから、「おやすみ」して5分くらい走ってから電話をかけた

どうやら目を覚まし、その後に着替えて寝たらしい

ここまで来ても、何度言っても、母は手放す気がないから付き合うしかない。
それなら文句言わずに、勝手にやって欲しい。
だけど、それを言ってしまえば…気を許す友達がいないし、愚痴を吐き出す先が母にはなくなる。

理不尽だよなぁ~

こんな時、セラピストしていて良かったって思う

今日もありがとう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。