ワイルドでピュアな毎日を
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月29日 (日) | 編集 |
奈井江の親戚宅に、やっと行けました。

旦那にとって、北海道の父として親身になって面倒をみてくださった叔父の死…

来週が四十九日です。

9月に行った時には元気に話もできたから大丈夫って納得していたけど、やはり苦しいだろうね

まだね…叔父の話をすると涙ぐむ叔母を見ると、やはり頑張って元気に振る舞っている姿も辛いです


コタロウくん…
いつも一緒だったお父さんがいなくなって…しばらくの混乱の後、やっと少し慣れてきたみたいです

2時間くらいおしゃべりして、叔母が昔お仕事していた奈井江温泉に寄り、休息してから帰ってくるという…ゆっくりな休日を過ごしました

が、N Box初の猛吹雪で…
ちょっとビビりながら、危険回避のために対向車も右左折もない高速に乗ってみました

途中で雪も風も止んだ

北海道は大雪で…って表現は、あまりにも広大な面積だから不適切ですね

帰宅して、野菜たくさんなマリネと焼き鮭、昨日いただいてきた手羽先唐揚げに、納豆ご飯と味噌汁で夕飯にしましたよ

一人なら、実家へ行かないと「私だけ楽して…」と、自責の念にかられるのですが、旦那がいると…実家へ行くのをサボり自分の生活優先しても、許される気がするから不思議ですよね


珍しく、3匹仲良く寝てました
とっても貴重なのよ~っ

こうして癒される場所…
普通が一番の幸せですね
このままが、ずっと続くように思っている

だけど必ず、人は残される。
大切な人が消えてしまうことに慣れてるつもりだけど、毎回どこかが必ず壊れてしまう自分も実感している。

心の故障や破損は、完全に修理されたり復元することなどないのだろうな…
そう…
なかったことにならない

それでも人は生きていこうとするから、忘れようと努力したり、何かでフタをして無かったかのようにして、笑顔でがんばるしかない…

そして
その笑顔に集まる、優しい笑顔に救われて自分が癒やされていくから、またがんばれる

そんな風に感じた一日になりました。

最初から最後まで一人なら、知ることのなかった幸せと苦しみを知ったことに感謝

ありがとう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。