ワイルドでピュアな毎日を
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月18日 (水) | 編集 |
朝の8時から一時間も徘徊し、朝食を食べてからもゴチャゴチャ言ってた父…

「今日はね、銀行も行きたいし、髪も切りたいし、お父さんがいたら何にもできないのよ。5時間くらい私の用事に付き合ってくれるならいいけど、イヤならお迎えに来てくれたらちゃんと行ってきてちょうだい」と、叱られ…

「5時間かぁ…イヤだなぁここに居たらダメなのかな?」と、しょんぼりしてたらしい(笑)

「ダメですよ!今だって、勝手に出かけようとしてたでしょ!また警察に行きたいのかい?一人でなんて留守番はできませんよ」と言われ、悩んでいたみたいね

電話した時は「だけど今日は行かないと思うわ」って言ってたので、母の用事を片付けるために父も一緒に連れ回すか、私が父と留守番しようと思い、連絡が来ないから出発した

そしたら…よほど5時間が嫌だったのか、お迎えの車に乗ってデイに行ってくれてたので、自由になった私達

母は美容室を予約して、久しぶりにバスに乗って出かけると言うので、私は帰宅し…冬のグリーティングカード作りの日にしました

良かった

もう休日がないから間に合わないって、焦ってました。

お父さん、ありがとう

ウチに居られるって…
それだけで幸せだよね

追い払って、ごめんね

だけどね、お父さんのためにも土曜日も行ってきてね

介護士さんの言う事きいて、ちゃんと入浴してきたし、周りに気を使うのか、顔がシャンとするんだよね

家族だと甘えて、調子にのるからダメなんだろうね

腹立つし、かわいそうだけど、可愛いくて面白いね

だけどさ…できないことが毎日増えていく現実を、受け止めきれない人もいるかもしれないなぁ…って思う

父も弟達もだから、慣れちゃってるかもね

母はね「息子達が父のこんな姿見ずにすんで良かった!辛すぎる…」って言う。

なぜ私は[同じく辛い]って感じる娘であると気付いてもらえないのかなぁ?

母の中に、私はいるのかな?ぼけたら一番に忘れられるだろうなぁ

とりあえず一つ…グループホームを申し込みました

実父がアルツハイマーで苦しんだ経験があり、家族の心身のケアにも気配りしてくださる施設長さんだったこと、そして何より近いこと

いつでも会える場所に離れているのが、一番いいよね

心にも同じような距離感を持っていたい

いつでも寄り添える距離で、他人でいることが一番大事かもしれない

ちょっと冷たいかな?

自分を見つめるための暗闇は、自分の中の小さな輝きさえも、キラキラに感じさせてくれたりする

無駄なことなんて起きないなぁ

ありがとう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。