ワイルドでピュアな毎日を
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月15日 (水) | 編集 |
何のために生まれてきたんだろう…?

私さえ居なきゃ、世界中の人が幸せに生きられるんじゃない?

私なんか、いらないのに…



幼稚園くらいから、ずっとそう思って生きてたなぁ
根本は変わって居ないけど、ちょっと目が覚めてきました

ある時のある方との会話…

「こんな私が、セラピストを仕事にしていいのかな?
「あなたは今、セラピーを仕事と考えているから悩むんじゃない?セラピストは、あなたにとって仕事ではなく、生まれてきた使命よ

ビックリしたけど、それを実感し始めてるかも


私だけでなく、みなさんも…
誰かに何かをして差し上げたいと思ったら考えてみてね

その行為をした自分に、何かを相手から求めてはいませんか?
自分への行為やお礼の言葉など、お返しを

頼まれてないのに…勝手に良い事と思ったのに

友達でも家族でも…それは相手にとって、自分を押し付けるだけのありがた迷惑だったり、恩着せがましい行為だったかもしれない

だから…純粋に相手を思ってする行為以外は、してはいけないよね

そして、もしそれが自分の思い込みだったなら…素直に謝りましょう

私たちは全てを許す神でも仏でもなく、みんな同じ不完全な人間

それぞれの得意な能力を活かし助け合って、ギリギリ一人前で生きていられてる

祖母と叔父との関係が、以前は腹立たしくしか思えなかったけど、そうではない見方も備わりました

10日ぶり位に食後にを淹れてくれた父

帰る時も外まで来て「大丈夫!車は来てないわ。じゃ…また」って手を降ってくれた父と、隣に並ぶ母をバックミラー越しにみながら、何十年も何も求めずに私たちを育ててくれた両親へ、もし何かをしてあげられる私になれたなら、感謝とともに恩返ししていかなきゃダメね



ギリギリ間に合ったかな?
育ててもらった年月分は足りないけど…圧縮して…かな(笑)

そうして欲しいと願ってないだろうから、してあげたいや

向かうべき先が、やっと定まりつつある春かもしれません

記憶がなくても、私を認識していなくても…そう…アルツハイマー型認知症であっても、父から学ぶ事はまだまだあるのでしょう

その隣で、かれこれ40年…看病…介護に追われながらも、けして痩せる事なく(叱られる)笑顔を絶やさない母からも

友達もみんな…どんな私も見捨てずに、人生物語“上巻”で、私をここまで育ててくれてありがとう

必ず何かを返していけるように、人生“下巻”は…私の自己満足のために、使命のもとに楽しく生きていきますね

マスターしたみたいだから、第三チャクラを開こうかな
みわこさんの出番だね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
hiromiさん、こちらこそいつも読んでくれてありがとう!
素敵さも奥深さもないけど、たまにはセラピストだって思い出さないと、食べログもどきの内容になると困るし、ただのおばちゃんブログになるから(笑)
たまに頑張るね(^-^)
2013/05/16(Thu) 23:58 | URL  | いくの #-[ 編集]
ありがとう。
どうして、こんなに深くて素敵な内容を毎日投稿できるのでしょう。
本当に心に沁みました。
ありがとう。
2013/05/16(Thu) 22:52 | URL  | hiromi #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。