ワイルドでピュアな毎日を
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月03日 (月) | 編集 |
今日は…
何にもしてません

ゴスペルもなくなったから、夕方に一時間位の買い物に出た以外は、ネコ達のお世話をしたり眺めながらウチにいましたよ

おウチの中は少しだけ片付いたかな?

午前中は動いてましたが、午後からは泣いたり寝たりしながら、この半年くらいを振り返ってました

なんで、大切な人がたくさん居なくなってるんだろう

2012年は、辛く長いです。

最近を振り返ってみますね

9月1日(土)に、附属小学校の運動会がありました

31日は、ソファ睡眠2時間で朝から勉強会へ行き、午後に移動して同期の仮通夜などがあり、帰宅が午前様…

ソファ睡眠二晩目は30分睡眠
学生時代…消防時代に戻った感じでしたね

朝4時にりかんちへ、お弁当作りのお手伝いに行く約束をしていました

最初はおばあちゃんが2人いて、母との三人で持ち寄る、美味しそうお弁当が並んでました
父方のおばあちゃんが亡くなり、おばあちゃんと母になり…
今年は母しかいなくて…

来年が最後の運動会だから、絶対にまた一緒にお弁当作りから参加しまぁす

徒競走はダントツ一位だし、リレーの選手だし、何より入学してからずっと総合優勝しているんですよぉ

っていうか…8年連続白組優勝で、去年卒業した姉はずっと紅組だったので、優勝した事がなかったんですね

これまた極端ですが、来年は最後だから、やっぱり勝って欲しいです

運動会の帰り道は、石狩街道沿いにある“山中牧場のアイスクリーム”を食べるのが、恒例になってます

私がお通夜だったので時間がなくて、車で食べながらの帰宅になりましたが実行できて嬉しかったです

お通夜は1000人近い参列者で、江別のベルコ会館始まって以来の天文学的数字だと、担当の方がおっしゃっていました。2~3階の斎場は全館貸切で、モニターで流れる読経を観ていましたから…

一般人とは思えないお通夜でした

いいともで、アルタに並ぶくらいの量の花輪が並んでいました
人望…人柄…言葉にならないです。


同期が送ったアレンジで、ずっと続けていた野球のグローブも添えてくれています
さすがかな!そして、ちゅーりっぷさん

この日は0時には帰宅したので、ソファ睡眠で3時間は寝ました

日曜日は、ついに告別式…火葬場までお見送りにいきました。
待つ間…お庭に出ていました。

夏の空と、秋のススキが見事に調和した安らぐ空間でしたよ

収骨は遠慮しましたが、火葬場からの帰り道に事故現場を通ってみると…
花束はもちろん…どこかの居酒屋の開店かのようにビールが積んでありました

忌中引きを済ませ真っ直ぐ帰宅し、ほんの少しだけ化粧を直し、ネコ達の水を取り替えて…

大切な友達の母の四十九日法要へと向かいました

おじさんとおばさんが、43年前に結婚式を挙げたホテルでです!

こんな温かな配慮をできるジジが私は大好きですし、優しすぎるから心配にもなります

夫婦は周囲からみてではなく、二人にしかわからない歴史の中で培われていくものだから、お互いへの気持ちは…言葉に表現されるものだけでは判断なんてできないですよね

我が家も日曜日の夜に…

30日に、しばらく音信不通になると伝えたメールでは、“同期”としか伝えてなかったのを「シロちゃんだったのかぁ…」って、覚えていてくれた事に安心感を覚えました

私たち夫婦にも、すでに過去が…歴史が刻まれているんだなぁって

たくさんの事を学ぶ2012年ですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんとですよね…
でも、人間の大切な機能…忘れる…このおかげで、生きていけるのでしょうね。
じゃなきゃ、ショックやイヤな事がいつまでも残ってしまいます。
前を向けるのは、忘れようとできるからでしょうね(^_-)
2012/09/05(Wed) 06:57 | URL  | いくの #-[ 編集]
別れの辛さは、運命と片づけられない・・・ですよね。
特に愛する家族の突然の死は、どう受け止めれば良いのか。
胸が苦しくなります。気が狂いそうです。
2012/09/04(Tue) 20:51 | URL  | hiromi #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。