ワイルドでピュアな毎日を
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年06月26日 (金) | 編集 |
輝かしいステキな時間を、プレゼントしていただきました

私自身は今はもう踊るのは全く無理だけど、やっぱり観るのは大好きです

3歳からバレエを踊っていて、細胞が踊りを覚えているらしい友達は、今なお現役で踊っているから色々と情報が入ってくるので、ありがたいことに誘ってもらえています


10年くらい前かな?
衝撃を受けたダンスがあります

バレエを極めた結果として踊れるのだろうと思う、コンテンポラリー

いつ見ても、見入ってしまいます

しかも私より年上のダンサーが踊っている姿に感動して、前なら「ここまでじゃなくても、まだまだ頑張りたい!」って思ったのですが、今日はあまりに素敵過ぎて、憧れの芸術としてしか見れなかった

最近は現実だけを見て、身の丈にあった生活ばかりに目を向けていたから、向上心が消えていたかもしれません

これだからダメなんだなぁ~って実感しました

思い出させてくれて、ありがとう

ただね…この年齢になると、そんな気持ちをポキッと折られる場面が多いです。

ご両親の介護をされている方…
どんな感じなんでしょうね?


ついに車椅子でしたよ~

しかもね、車椅子を押しながらヨチヨチ徘徊中だった父は、私達が行ったことで反対回りで戻って来させられたことに怒り、最初は大変な不機嫌さんでした
ぷぷぷっ

母は、父が車椅子だったこと・不機嫌なことが重なり、涙ぐんでるわ、喋らないわで面倒くさい状態

夫婦だから?
親子だから?
性格の問題?

毎回変わる状態に、いちいち一喜一憂しても仕方ないよね~って思っちゃうのですが、どうなんですかね?

文句ばっかりで、珈琲もマズイ…サクランボは変なもの…スイカはバサバサ…

頭回るよね~(笑)
テキトーに流し、ガンガン食べさせる

30分もしないうちに、笑顔になってましたよ

そして帰る頃には、また帽子をかぶって楽しそうでした

それで充分
何を悩む必要があるのかな?

一秒で忘れちゃうなら、その瞬間だけの笑顔を私が覚えておいてあげたら、それで幸せだと思うのです

何でもそうですが、今が大切!昔と比べても仕方ないですよね~


「タロウ~。今日もお父さんはいっぱい食べたよ!」って報告しながら、私の気持ちを心の中で問いかけてる事も、いつもジッと聞いてくれて、私自身も気付いてなくて明るく伝えていても、本当は辛い時には…こうしてゴロンとしてくれるらしい…って気付きました

たんごもそうだったけど、タロウも優しいコだね
黒猫のオスというのは偶然かな?

ホッとさせてくれる彼らに感謝

今日もありがとう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。