ワイルドでピュアな毎日を
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年06月16日 (火) | 編集 |
めずらしく、朝焼けで明るくなるまで起きていた夜…

私の発する‘‘言葉”を、アイテムの一つにしてお仕事をさせていただいてるからこそ、蔑ろにできない出来事がありました

なので…ホント久しぶりに、ぼんやりと考えてみる時間…たそがれてる時間…を過ごしてみました

人それぞれですが、私にはこの時間がとても有意義に感じています

自分を真っ直ぐに見つめ、平静であり、平等であり、対等である意識を無くしていないか?そして、何よりも驕りを持ってはいないか?

ゆっくり紐解いていくのが大好きです

だから、2日連続で寝不足です

しかし、本日は青の日
ありがたいことに、6名の受講者様がいらしてくれました


妙子先生が、夜空に見立てた紺色の紙袋を準備してくれていて、そこに大輪の花が咲いたような花火を打ち上げる

その色と配置、数や大きさでセラピーをする

はじめまして!のお二人の方が、「本当は知り合い?」とびっくりしてくださるほど、素直に作製された作品からは、現況に近い状況や心境を読み取れているようで、その打開策をお伝えする事ができるのも驚きだったみたいです

さっそく、来月のご予約をいただきました嬉しいです

お一人は、次の予定のために早くに来て始めて早退しました
そんな忙しい日に来てくださり感謝です

その方のアドバイスをしていたら、自分の作品を作る時間が無くなり、妙子先生に手直ししてもいました
ラッキー

お寿司が出て来る前に、15分くらいで青の勉強
いちおうは『色の日講座』ですから(笑)


今日は、いつもの握りのランチだけではなく、火曜日限定で提供される海鮮チラシ丼ランチ(同じく¥1080)の方もあり、私は最近は人数が増え、一人一人のアドバイスTimeとなるランチタイムなので、茶碗蒸しやお吸い物がつくランチは、嬉しい悲鳴で食べてる時間が取れなくてバッテラにしてみました

これを食べに和可奈へ来るお客様がいらっしゃるほどの美味しさですから


すっかり仲良しになった2人は、別室で自分達のお寿司を食べてます

時の流れが、形になって現れる瞬間ですよね

去年の9月に生まれた第二子も、つかまり立ちしてましたからね

こっちの腰が曲がってきても、不思議じゃないですよね~

みなさんを送り実家へ

23年前からずっと、19歳のままの弟の命日でした

大好きだった札幌祭りの始まる14日に生まれ16日に亡くなったから、大好きだったりんご飴を買うことにしています

当時22歳だった私の心には、受け止めきれなかった大きな闇…

まだ周りの誰にも伝えることができず、理解してもらえなかっただろう『若い死』と向き合う気持ち…

大学のソフトボール大会の当日で、携帯もない時代…

家の電話に入った「なるべく早くに来て」という母の言葉にも慣れてしまっていたから、西岡からバス・地下鉄で大学に寄り、大会へ出ないけど見送りをしてから、地下鉄を乗り継ぎタクシーで西札幌病院へ向かうと、装具を外された真っ白くて穏やかな顔で寝てる弟がいた日。

一生の後悔が残った日。
この日から、後悔したくなくて、できることは何でもやっておかなきゃ!っていう空回りな人格が生まれたのかも

二週間後に消防の筆記試験があり、その後の二次の面接で「人命救助」の言葉を絵空事に感じていた私…

強烈な出来事は何十年経っても昨日のことのように、一気に走馬灯のように流れますよね~

これが、実は青の力…
第三の目と呼ばれる、眉間にあるチャクラが影響している現象であることを学びました

ちなみに…
朝から体調を崩していた母を病院へ連れてく予定で実家へ行ったのですが…

「もう良くなったし、あんたが来てくれたなら買い物も行ってしまいたいし、年金がまともに入ったか気になるし」と、イオンへ行き、ホーマックへ行き、しまむらに着いたとたんトイレへ

欲張って三ヶ所も、調子にのるからでしょね~~

仕方ないから、お粥作って帰って来ましたよ

親子の関係も時間の流れとともに変化しますが、時代という大きな枠でもまた、関係性も変化しているのでしょうね

人は、その瞬間の正しいと思う自分の気持ちにしか、素直に従えないものですよね

その気持ちは日々変化していくものかもしれないけど、それで良いのではないかな?って思った、16日という一日でした


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。