ワイルドでピュアな毎日を
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年10月10日 (金) | 編集 |
夜中1時半頃から、のんびりとお風呂に入っていた

髪を洗い「あっ!リンス追加するの忘れてた」とか考えながら…

洗顔しようとした時に、ガッシャンって感じで、玄関の扉が乱暴にしまった音がした…。その時は、そう思った。
「夜中だとこんなに響くんだ~。気を付けなきゃ」って思っていたら、音に驚いたまぁぶるが出て行った

髪を乾かし出てきたら、向かいの学校の壁に赤灯が回ってるのが反射していた。
こんな時間に

野次馬な私…正義感もちょっと働く私…

ベランダに出たら全部いた…
しかも、更に増えていく。

えっ?

隣のセカンドコートの駐車場の屋根に…

えっ?!…人??

最初、救急車に収容されたけど搬送はされず、あとから来た警察の真っ白いバンに移されてしまった。

きっとまだ続く現場検証…


今夜こそ寝るつもりだったけど…

何があったのかわかりません。
ご家族の姿はなく、管理人さんが対応し、ベランダを検証してる部屋も真っ暗でした。

でもね…何があったとしても…絶対にダメですよ

きっと会った事もないと思うけど、それでもやはり、何かしてあげられなかったのかと思うとツライです。

雨も降り始めたし、風呂上がりだし…
何となく自然に、手を合わせてから部屋に戻りました。

たんご…今そっちへ向かった方を癒してあげてね

では、おやすみなさい

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。