ワイルドでピュアな毎日を
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月26日 (土) | 編集 |
「どれ…皮をむいてやろうか?」

「うん!ありがとう!むいて!」




長野病院へ入院してから一週間経過した父は、すっかり穏やかになっていたけど…

「石倉さん」と呼ばれることに慣れてしまったからなのか、「お父さん」って呼んでも表情に変化はなかった…

二人部屋だったのが、徘徊があるために詰所直結の個室となり、一日中一人で過ごしているのかな?って思うと、いたたまれない気持ちになる…

それでも母が私に話しかけるとき、いつの頃からか「生野ちゃん」と呼ぶようになっていて、その言葉には何かを感じるのか、小さい時に全身黄色くなるくらい大好きで食べたみかんの皮を、キレイにむいてくれた

病院に入り、何もかもが良いとは思わない…。
だけどね、全てが悪いとも思わない。

だから、一瞬マイナスに見えそうな場面や内容を、前向きにとらえて肯定していく思考回路を、必ず確保しておかなければならないんだなぁ…って、本物の強さを手にした気がしました

看護師さんに「どうやっても抵抗して、ヒゲ剃りが半分もできないので、おしゃべりの合間にうまくできそうなら…」って、預けてある電池式のシェーバーを渡された。

ずっとカバンに入れておき、みかんもサクランボも食べ終わった辺りで、スィッチ入れてみた

その音に興味を示した父に「コレね、ヒゲが簡単に剃れるんだよ!何かヒゲ伸びてて気になるから、ちょっと自分で剃ってみない?」って言ったら、楽しそうにしっかり剃ってました

きっと…剃ってもらうのが、イヤだっただけ

毎日行ってあげたくなるけど、やっぱりそれはマイナスに働くのかなぁ


Nboxが今日、記念すべき10000kmを達成したのですが、ずっと【自己弁護】のために話し続ける母との病院からの帰り道だったので…気付くと過ぎてました

夏場は自転車が増えるから車に乗る回数が減るし、毎日…しかも複数回往復とかもあった実家へ行く回数も減るから、少しペースダウンかもしれないなぁ

全てが…良い方向へ向かっているのだと信じますね

今日もありがとう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。