ワイルドでピュアな毎日を
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年06月16日 (月) | 編集 |
一番下の弟…くぅちゃんの二十三回忌となる祥月命日の今日、雨の中を神輿が練り歩き…神宮に帰って行きましたね

祭りが大好きな弟は、14日に産まれ16日に帰って行ったスゴイやつでした(笑)

つまり!色の日講座は月命日になんだという事に、初めて気付いたんです


二人の小さな先生方にも、出席してもらいました

マメ子先生は先週、熱けいれんでダウンしていたので、出席を危惧していたのですが、さすがプロ違う?
体調を整えての参加でした

みU先生も最近めっきり力を発揮し、初めて会った大人達にも、癒しと笑顔のパワーを伝えてくれています


何色のお花畑で癒されたい?って事で、今の疲れと、それを解消するための方向性を探して行きました

てっぺんのは、私とマメ子先生とみU先生との合作です

最初の頃は、お母さん達から離れずに作業の妨げになる場面もあり、開始から1時間ほどかかっていた作業が30分で完成するので、アドバイスタイムを入れて予定通り60分で終了

すると、1時間のランチタイムを楽しめるので、みんな大満足な笑顔になります

今日も美味しくいただきました

来月は水曜日の定休日だから、次は8月16日(日)ですので、1080円のランチ目当てに来てみてくださいね

一度自宅へ戻り、一眠り
おばちゃんは、無理しません

その後、はま寿司の持ち帰りを利用し…
和可奈鮨の中巻きと、母の稲荷寿司とで『お父さんありがとうパーティ』をしました

でもね、ついに昼夜逆転し、真夜中に騒ぎ風邪を悪化させた父は、喉が痛い!と文句ばかりで味にまで文句をつけ始めた…

今日は、私も具合悪いから3秒で切れた
「痛い痛いうっせぇな!だから病院行こうって言ってんだ!薬飲んでも治らないなら注射してもらえばいいだろうが」「いや、治らない」

そこから一時間ずっと繰り返し
「病院行くよ!」
「絶対に行かないからな!勝手に行け!」

ココで覚悟を決めた

腕を引っ張り立ち上がらせた!
しゃがみ込んだ!

引き上げてみた!
立ち上がった…

腕を振りほどき、テレビのリモコンで私の手首を叩きつけた!
「あら?そんなことしていいの?人を物で叩くなんて最低だね!」

ちゃんとリモコンを置き、空いてる右手の拳で手首を殴る…

最後は頭にきたらしく、テーブルを新聞で、叩きつけた!
負けずに雑誌で叩きつけた!
パン!パンパン!パン!パパン!とリズムを刻みながらで楽しかった

「帰れ!もう二度と来るな!絶対に入れないからな!」
「こんなとこ二度と来ないから安心しな!」
「全く…もういい加減にしなさい」

この流れの中で気付いたこと…

一番は「コイツ…大した痛みじゃないな」ですが(笑)

数ヶ月前のケンカの時はまだ、私の腕を振りほどけたけど、もうできない。
しゃがみ込んでも、引き上げることができるほど軽くなってる。
リモコンで叩かれても、今回は青くなってないほどの力しかない。
新聞を持ち上げるのに、両手が必要。

などの、弱ってる部分の確認ができました

これだけ落ちてるもの、トイレの不始末など当然だ

その後、ふてくされて寝たふりした父を残し…母をイオンへ送り、私は扁桃腺の腫れに効く市販薬を買いにツルハへ向かい、分散したのちイオンで合流して25分後には帰宅

スッカリ顔つきの変わった父が「どこに行ってたんだ?」と…
「薬買ってきたよぉ~」
「おぉ、そうかぁ」

父にとって、この家族で幸せなのかわからないけど、やっぱりもう少し…弟達には悪いけど「私の所に父を置いておいてね!」って思ってます

下の弟が好きだった‘‘紅茶”のシフォンケーキを買って行きました

そのケーキに…「柔らか過ぎる」と文句をつけた父に、「じゃ食うな!」と叱りつけながらね

親子って、なんだか面白い

親御さんの介護で、疲れている方も多いと思います。
真面目に向き合うと、持ちませんよね

私にとって、父との世界は、半分コントの世界です
ご自身が楽しく向き合えるように、その世界の設定を探してみてはいかがでしょうか?

一人じゃないです
認知症の方を身内に持つ方は多いです。
弟の筋ジストロフィーのほうが、孤独でした。
今は語れる仲間がいるし、周囲の理解もあるし、やはり気持ちが楽です

黄色やオレンジの光の中で、一緒に楽しんでみましょうね

そう言えば、弟達は二人とも黄色が好きでした

今日もありがとう

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。