FC2ブログ
ワイルドでピュアな毎日を
2011年03月14日 (月) | 編集 |
わんわん泣きました
札幌は影響が少なく、自分が被災したわけではないので、泣くのはおかしいと思っていたけど、テレビに犬達が映りました…
地震も津波も乗り越えた衰弱した2匹の犬達が、何が起きたのかわからずに寄り添ってました
飼い主は生きているのでしょうか…犬達の事は諦めてるのでしょうか…でも、彼等は信じて待ってる!
このワンちゃん達さえも助けてあげられない無力さ、耐えられない…
ある友人の実家、福島のお母さんが津波の直後一度帰宅した際に、たまたま通じた電話で友人に「生きてるよ!今ここどうなってるのさ?」って言葉を最後にプツッと切れてしまい、さらに原発の20KM避難地区だったそうで…その後、音信不通だそうです。
それを聞いてもなお「私は関係者いないし、義援金出しとけばいいんじゃない?」と言った方がいたそうです
確かに今、私達にできる事はそれしかないです…でも何かが違う気がしました。
この地震に向き合う気持ちの温度差に、耐えられなくなってきているのかも…どこかまだ“消防士”なのかな(笑)
気持ちが沈み過ぎないように気をつけなくちゃお風呂わかします
スポンサーサイト



2011年03月14日 (月) | 編集 |
どんなに大変な事なんでしょう…
北海道からは、何もお手伝いできないのでしょうか…
私の弟も、自宅で人工呼吸器を使っています。3時間も停電したら…
群馬には、まだ1歳にならない甥っ子もいる。室温調節がまだまだ大事なはず。
もちろん、被災地の方々には3時間どころか、もうずっと続いてる事ですよね
今からマルセイだけど、なぜ札幌だけは普通に働き、電力消費を気にせず夜中も明るいのか…
とても不思議な気持ちです。どんなに離れた場所でも、節電だけでもみんな協力しましょうね
一人ぼっちで過ごす真っ暗な夜は、不安で寒くて怖いと思うから。
せめて…家族が一緒にいられる私達は、不安が一つ少ないはずです
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg