FC2ブログ
ワイルドでピュアな毎日を
2011年03月13日 (日) | 編集 |
皆さんの温かい善意の気持ちが、どこからともなくチェーンメールになり、東北各県庁や自衛隊等を受付場所に指定した“支援物資のお願い”がたくさん流れているようです。
しかし実際のところ、個人からの受付は今の段階では、一切受けていないとの事です。
皆さんの善意が、逆に現地や物流の混乱を来たす結果ともなります。
公式ページで依頼が発表されるまで、ご自宅での準備はいいと思いますが、各県庁への問合せや発送などは控えていただくようにお願いします。
私の力は微力です。これを読んでくださった方、支援のメールを目にした際に注意喚起していただけたらと思います
かな、ありがとう
スポンサーサイト



2011年03月13日 (日) | 編集 |
携帯がつながりませんでした。いつも、auが一番つながる!って思っていたのに…。SoftBankは意外と大丈夫で、DoCoMoもつながっていたらしいです。
群馬のご両親や妹家族
茨城の叔父叔母
東京・横浜の友達
そして岩手の友達もやっと連絡がつき、無事であるとわかり本当に安心しました
ただ東北学院大学の応援団の仲間は、ほとんどが仙台にいるはず。年賀状もやり取りしてるのはマネージャーだけで、もちろん電話が通じるわけもなく。
テレビの画面を見るたびに、この寒い時期の灰色の海に飲み込まれてしまった壊滅的な風景が映し出され、心が張り裂けそうになります。心もグレイになってる。
昨日は消防時代のお世話になった方の送別会でした。しかしこの状況で、主賓の他…仕事でキャンセルで携帯片手に数名集まっただけでした。
楽しい普通のおじさん達だったけど、恐らく今日は制服を来て被災地に向かっています。被災地に向わなくても、人員の確保のため休日返上で札幌を守ってる。
私は…こんな時、何をできるかな?
被災地で生き抜いた方々に、笑顔になっていただきたい。
未だ安否不明の方々が無事であるようにと信じ、願いたい。
しかし、そう願う事さえ叶わない方々も…
だからこそ暗闇にとどまらず、不安を取り除いて復興に向けて助け合い、下をむかずに上を向き、全ての大切な魂が穏やかな正しい場所で過ごせるように…
自分が“幸せ”と感じる色のキラキラ輝く光の粒を、空いっぱいにちりばめて日本を包み込みたいと感じました
一人では無理だから、みんな協力してもらえたら嬉しいですしっかりイメージしてくださいね
けして誰も、闇の世界を向かないように必ず光に向かって導かれますように
copyright © wild pure M@rth all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg